PHS「CRESTIA 402KC」がやってきたら確かめたい事: strawworld(2号館)

2014年11月16日

PHS「CRESTIA 402KC」がやってきたら確かめたい事

以下、引用開始
 それにしても、最新Mac OS XのMavericksに、純正のUSBモデムのドライバが用意されていないなんて…。たぶん、FATバイナリ、Carbonで作られていたんだと思うけど…。こういう、自社製品のサポートをばっさりと切るところは、昔からのアップルの社風だ
以上、引用終わり
Sunday Gamerのブログ:MacでFAXより抜粋

 確か、Macの純正USBモデムは32ビットOSでないと動作せず、64ビットOS対応のドライバを出してくれていないので、完全に64ビットOSになってしまったLion以降は使えず、大量のFAX難民を生み出したのが記憶に新しいところです。自分は、FAXをMac接続で使う事はありませんでしたが、、、、。



 
 しかし。京ポンAH-K3002V緊急非常回線にしていたので、これまた64ビットOS比対応の上、なにせ10年近く前の製品で今更新ドライバなぞ出るはずも無く。(改めて記載する事でもありませんが、PHSのSMS対応化でファームウェアアップデートのニュースがありましたが、機種一覧に記名されていませんでした/汗)非常回線を何かしら探さねばならないか、、、と悶々としておりました。

 で、PHS「CRESTIA 402KC」の正式発売日決定の一方を受け、PHS「CRESTIA 402KC」公式ページをじっくり確認してみたところ、(もともとUSB接続でPCに対しテザリング通信が可能なのは解っていました)MacOS 10.4.11〜10.8.2にモデムとして対応、と明記されています。10.8でいけるのなら10.9でもいけるのでは?と入手の暁には是非確認したい項目です。

 更には、Bluetoothレジスタードマークで接続すれば、PHSデータ通信によるテザリング機能をスマホやタブレットで利用可、とありますので、ひょっとしたらMacとの間でもこれが可能なのでは?と捕らぬ狸の何とやら。iPhoneで出来るんだから出来そうな気がするのですが、、、。これも、ダメ元で是非に。

 好奇心と実験魂がメカを壊さしませんように(←コラ)
posted by warbie at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信環境・通信機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105663798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック