何故、販売停止?: strawworld(2号館)

2014年12月12日

何故、販売停止?

以下、引用開始
http://news.mynavi.jp/news/2014/12/09/131/index.html

以上、引用終わり
Apple StoreのiPhone 6/6 PlusのSIMフリー版が販売停止より抜粋

 在庫不足とか、円安の影響による価格設定変更の為の一時撤収というわけではなさそうです。

 ぐぐるとすぐに出て来ますが、
以下、引用開始
 Apple Store 渋谷のスタッフは「我々も今日突然Eメールで販売停止を知った。オンラインストアと全Apple Sotreで販売を停止している。理由はわからない。再開の目処も不明で、販売停止はしばらく続くかもしれない」と話していました。Apple広報担当者からのコメントは得られていません。
以上、引用終わり
アップルがSIMフリー版 iPhone 6 / 6 Plusの国内販売を停止。オンラインストア・実店舗とも | Engadget Japaneseより抜粋

 と、有ります通りに、リアルAppleStoreの店員ですら寝耳に水だった今回の一件のようです。


 これに対して、独特かつユニークな見解を述べている個人ブログのエントリを見つけました。

以下、引用開始
 ここからは仮説ですが、このような汎用性が日本国内で近々なくなってしまうのではないでしょうか。汎用性がなくなる以上、SIMフリー版の販売に意味がなくなってしまい、今回の販売停止に至ったとも考えられます。

iPhoneの汎用性を失わせる大きな変更は「VoLTE」でしょう。
以上、引用終わり
SIMフリーiPhone6/6 Plus販売停止はVoLTEと関連? | ふーてんのiPadより抜粋

 あくまで仮説の域を出ていませんが、SIMフリーのiPhoneに3大キャリアのSIMを挿しても使えなくなる、SIMフリーのiPhoneであったとしてもキャリア間の汎用性(互換性)が失われる、だからSIMフリーのiPhone6/6 Plusに存在価値が無くなる。なるほど、と思いました。

 ですが。

 SIMフリーiPhoneであっても、どの3大キャリアでも使えるわけでは無くなってしまっても、MVNOの存在に思いを馳せると、存在価値が無くなってしまうところまでは行かないのではないか、とも考えられる訳で。全キャリアで使える訳ではない事、いやむしろ、3大キャリアではSIMフリーiPhoneは使えない事をきっちり説明すれば、逆に自ら進んでSIMフリーiPhoneを購入しようと考える層であるならば、[裏切られた]とは思わず、納得するような気もするのですが。

 どうでしょう?

 ついでに言えば、Appleが国によって細かく設定を変えたものを提供する、と言う事もちょっと考え難いなと自分などは邪推してしまうんですけれども。
posted by warbie at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac・Apple(サービス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106289066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック