遅れて最近の話題に乗っかって検証してみる事にしてみました。: strawworld(2号館)

2015年03月01日

遅れて最近の話題に乗っかって検証してみる事にしてみました。

20150301_07.png - 青x黒 or 白x金 -



 木曜日くらいからこっち、見る人によって色が違って見えるドレスで賑わっていると読み拾い、状況を確認しないまま「光の加減で色が変化して見える素材で作られたドレス」でも売り出されたのかと勝手に解釈していたのだけれどもそうではなかったらしく。

 同じディスプレイで同じ角度から見ているのに全体を10割として約2割の人間が本来青と黒で構成されているドレスを白と金で構成されていると認識する、という状況だったらしく、非常に強い興味を持った次第です






 自分は仕事でデジタル画像映像を日常的に扱っている性質上、「色はまず目で見ず、色はまず数字で見る」状態に常にあるためまずやってみたかったことは「どうみえるか」ではなく、「数字上で何色で配色されているか」を抽出すること。今度休みがとれたらゆっくりやってみようと。で、今日に至ります。

 ちなみに、画像を見て自分が受けた第一印象は「クールグレイxダークオレンジ」でした。何方かと言えば少数派の白金側に知覚している、という自覚を持ったと言う事になります。検証するのが色だけに、先入観を持たないというのはまず無理です。どうしたってその現物をみなけりゃ始まらないし、見てしまえば第一印象が植え込まれますから。

 で、冷静に検証するべく画像をAEに読み込ませて人間では無くコンピュータのプログラムと言う無機質な存在に色を認識させてみました。その情報がこちらです。

20150301_01.png

20150301_02.png

20150301_03.png

20150301_04.png


 白もしくは青と議論されていると推測される部分の色味はAEによれば「中間色のブルー」であり、金もしくは黒と議論されている部分は「ダーク系オレンジ」と表示されました。と、なると自分の第一印象であったところの「クールグレイxダークオレンジ」というのは結構、イイ線いっていたことになります。つまり、写真に撮影されていたドレスを純粋に数字上の色情報のみで再現すると。

20150301_05.png


 こういう状態のものが写っているのだということになります。(ワンピースの形パブリックドメイン素材から拝借して型抜きマスクとして使わせていただきました)

 これが「白x金」もしくは「青x黒」に見えているということは、恐らくこのドレスが何らかの影響で実際の色(数字上の色)以上に暗く見えてしまっているか、明るく見えてしまっているか、しているのだろうな、とそこまでは想像出来ました。ですがですが、なんでそうなるのか、となると、、、、。

 ぱっと思いつくのは錯覚とか錯視とか、そう言った類いの視覚トリックのような何かしらなのではないか、なんですけれども。人間の視覚というのは良い意味でも悪い意味でも「いい加減」で、環境光によって色変化していても記憶と体験からこれはこの色だろう、と勝手に補完してしまい実際の色から大きく乖離する事がまま、あります(だからこそ、自分の視覚に疑いを持って、色はまず数字で見て何色かを判断するクセをつけるのです)。

 逆に言えばそういった記憶や体験で色を補完しない存在がズバリ、カメラなワケでして、だからこそカラーネガフィルムはプリント時に、リバーサルフィルムは撮影時に人間(あるいはプリント機械)が強制的に色を補正するのですけれども。リバーサルフィルムでフィルター調整無しで、晴れた昼の日と曇った昼の日と蛍光灯下と白熱電球下とで同じものを撮影するとこれが本当に同じものを撮影したのかとぎょっとするくらい色が変化します。人間の目にはどれも同じに見えるだけに驚きも大きいです。・・・おっと話が脱線した/滝汗。

 で、ここまで漠然と推測してみて、何かヒントでも、、、と思っていたらもう、答えが出ていました。よってたかって検証していたみたいで、みなさん、本当に仕事がはやくていらっしゃる。

なぜドレスの色の錯覚はおきたか?-色の恒常性- - Sideswipe
白金?青黒?人によって色が違って見える話題のドレスを、わかりやすく解説 – grape -「心」に響く動画メディア
【解説アリ】青黒!?白金!?見る人によって違う色に見えるドレス画像が話題 - いまトピ
The Science of Why No One Agrees on the Color of This Dress | WIRED


 最後に、ちょっと八つ当たりを1つ。実際のドレスの色を拾って、先程のドレス型を作るとこうなります。

20150301_06.png - ドレス 青x黒 -


 件の写真、どんだけ露出オーバーで撮影されているんだか。しかも、本来無彩色であるところの黒とされるところにオレンジ要素が入って来ているということは、青みを緩和するためにアンバー系のフィルターをかけた状態になっていると推測されますが。撮影した場所が撮影者的に暗いと知覚されていて、尚且つ照明が青系統の照明だったのでしょうか?件の写真の色データと、実物のドレスの色データのあまりの違いにくらくらしています。これは個人的な興味なのですが、この場所で同じアングル、同じ照明、の条件でカラーネガフィルム使ってこのドレスの写真撮ってみたいです。(←どういうオチだ/自己突っ込み)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114465484
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック