最初からのiPhoneユーザはクラウドではない母艦を必要とするか?: strawworld(2号館)

2015年05月15日

最初からのiPhoneユーザはクラウドではない母艦を必要とするか?

以下、引用開始
http://news.mynavi.jp/articles/2015/05/14/iphone_mac/index.html

以上、引用終わり
iPhoneユーザーのための「正しい」Mac入門 その1 | マイナビニュースより抜粋

 その1、となっているということは連載企画になるのでしょうか、このシリーズ。PCを何ももっていないけれども携帯電話の延長線上でいきなりiPhone購入、という層が増えて来た事が背景にあるのでしょう。かつて、Macをデジタルハブにしてその周辺に枝葉のようにさまざまに機器が広がり、iPhoneがそれらの中の1つ、なんていう構想があったのは何年前だったか?記憶が定かでは無くなっています。ただ、ITはドッグイヤーとはよく言ったもので、自分の中の感覚では20数年前くらいに感じられています。







 自分なぞ逆に、携帯電話は未だにガラケー(と、いうよりもガラPHS)で次の機種も絶対ガラ!と思っていたのに国内企業が今後の2つ折りボタン式ケータイは見た目はガラケーだが機関OSにAndroidを採用する事になった(docomoとauの2015夏モデルでかつてのガラケー用システムが使われているガラケーではなく、Androidを採用した2つ折りボタン式ガラスマがラインナップされた)ので次の機種どうしよ・・・だし、DAPはSONY Walkman A-17だし、ある種、Apple不幸なMacユーザではありますし。

 そんな臍曲りなMacユーザから見てしまうと、携帯電話の延長線上でいきなり最初からiPhoneを購入したユーザって案外、今更ハブの中心に母艦PCを持たなくとも軽やかにiPhoneを運用してしまうのではないのかな、などとも思えてしまいます。

 うろ覚えなのですが、昔、初代ボンダイiMacが登場した際に、Macなら簡単かもと買ってはみたものの挫折してインテリアになった、という話も聞き齧った事があります。Macが使いやすいとか赤ん坊でも使えるとか、良く言われますけれども実際には結構散々手こずりましたし(自分が/滝汗)、そもそもこの、赤ん坊でも使えるという比喩はバリバリWINDOWSを使いこなす方面から聞かれる言葉で窓と林檎を比較する際に出る言葉で、‘超’初心者から見ればやっぱりどっちも手こずるPCな訳でして。

 PC面倒だからケータイで充分やりたいことが全部出来ていた、と言う方面にアプローチするのだと、そうとう腰を据えてかからないといかんのではなかろうか、などと老婆心的思考を、ついつい。

 そもそも、「iPhoneユーザーのための「正しい」Mac入門 その1」を記載しているマイナビニュース自体がパソ向けサイトであってiPhone向けサイトではないような気が(記憶間違いでしたら失礼いたしました)

タグ:Mac iphone
posted by warbie at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac・Apple(ハード)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/130801341
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック