毎夏晩お世話になっております: strawworld(2号館)

2015年08月23日

毎夏晩お世話になっております

以下、引用開始
http://news.mynavi.jp/articles/2015/06/24/ka/index.html

以上、引用終わり
蚊取り線香の意外なトリビアとは? - キンチョウ本社で聞いてみた | マイナビニュースより抜粋

 デジタルよりもアナログ最強の筆頭は時計ですが(視認性においてデジタル時計はアナログ-針表示式-時計のそれにはるかに及ばない。どういうわけか、数字を頭の中で時刻に置き換えるよりも針の映像を時刻に置き換える方が感覚的に早い)蚊を撃退する忌避製品も100年前に開発された蚊取り線香が未だ最強の商品なのだそうです。






 自分等も、毎夏晩お世話になっております。と、いうか6〜9月まではなんとなく、勤務が休日の日は午後6時になると、勤務がある日は帰宅早々、蚊取り線香に火をつけるのが日課になっていたりします(笑)。なので、煙草を吸わないくせにライターが自宅にあったりするのですが、最近のライターは子供のいたずら防止の為に相当な力を入れないと着火しない構造になり、その上(ま、あたりまえですが)、炎を維持するにもえらい腕力(指力?)が必要になってしまったので、最近はライターを使わず、もっと腕力が少なくても着火出来るものを使うようになりました。(子供のいたずら防止の為に何を使っているかは敢えて非表記。)

 蚊取り線香は、火を使うので、火の事故に関しては十二分の注意が必要です。

 倒れて布団に火が燃え移ったりしないように設置場所や接地環境には最新の注意を払って、夏の夜の「菊の花が燃える香り」をたのしみませふ。

タグ:蚊取り線香
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162116062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック