そして取り残されたiPadMiniとiPodTouch: strawworld(2号館)

2018年11月05日

そして取り残されたiPadMiniとiPodTouch

iPod touch_1.png
©Apple Inc.


 Apple Special Event2018年10月30日、from Brooklyn Academy of MusicのHoward Gilman Opera House。で刷新が発表されず、かすかな希望を託していた購入希望者をがっくりさせてしまったのがiPadMiniとiPodTouchだったと個人勝手的に思っています。

 立ち位置が完全に宙ぶらりんになっているような気がします。自分はこの2つを統合してしまってもいいように思っているのですが、ディスプレイの縦横比で需要が違ってきてしまっているのでしょうか?iPodTouchはiPhoneの入門機的な意味合いがあるのかもしれませんが、ミュージックページの片隅に追いやられて全く音沙汰がなくなってから大分経っています。第6世代はiOS12.0にアップデート出来るみたいですが。

 


iPod touch_2.png
©Apple Inc.


 手の中にすっぽり収まって、片手で軽々と操作できるメカを欲しがる層は絶対数が少ないのかもしれませんね。MacBookAirも11インチがディスコンになってしまっているし、情報量がどんどん多くなっている今、小ささというのは不自由でしかないのかもしれません。

 ところで、iPodTouchはセルラータイプという進化の方向はないのでしょうか?要するに、電話機能の無いiPhoneといったところですけれども。電話機能が無くとも、FaceTimeだのiMessegeだのあるのだから、通話に不自由はしないと思いますしね。もっとも、これでお値段がドカンと跳ね上がってしまったら本末転倒ですが。最小構成とはいえ唯一、20K台で購入可能なiOS搭載メカですからね。iOS入門機であり、iPhone入門機。今後の動向が気になります。

iPod touch_3.png
©Apple Inc.
posted by warbie at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac・Apple(ハード)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184852918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック