コンビニネットワークプリントとコンビニFAX: strawworld(2号館)

2018年12月03日

コンビニネットワークプリントとコンビニFAX

20181203.png
スノレパ時代の環境設定。MacからFAXをコントロールできた。


 Macにモデム繋いで直接FAXできていた頃が懐かしいです。

 現状は、Macから直にFAXする方法がなくなってしまっているので、利用するのはコンビニFAXなのですが。これが、毎日のようにFAXを利用していて月に100枚、300枚単位で利用するならインターネットFAXという抜群に便利でオトクなサービスがあるのですが、せいぜいが月に多くて数枚しか利用しない個人ではおトクどころが、勿体無いもいいところでして。(毎日のようにFAXを利用していて月に100枚、300枚単位で利用するならインターネットFAXはおそらく紙代が大幅に節約できるという最高の利点があります)



 コンビニFAXの欠点は、混雑している時などにすぐに送れない事ですかね。流石に会社のFAXで私用文書送るわけにはゆきませんからコンビニを利用するわけですが、混雑しているとゲゲゲ、お昼休み終わってしまう〜、というハメになりますから。

 それから、コンビニ店舗がどのようなFAXシステムを利用しているかにもよりますが、番号非通知設定になっている場合も多く(開始時の利用規約に表示されるはずなので良く読みましょう)、FAXの受信側がイタFAX防止に非通知番号のFAXを受け取らない設定にしていると送信に失敗します。相手の番号か0120から始まる場合でも、しっかり利用料50円徴収されますのでお間違えの内容に。

 それから、やりがちなのがついつい、会社などで普通のFAX機使ってFAX送る要領で番号の区切りにー(ハイフン)を入れずにFAX番号の数字だけを連続で打ち込むと、番号が間違っていないのに番号エラーで送信失敗します。FAXと通話電話を一台の機会で兼用している場合には、相手が電話通話使用中のところにぶつかると、話し中で送信失敗します。

 公衆電話で、かけた先が話し中だと入れたコインは返ってきますが、コンビニFAXは送信失敗しても送信量はしっかり取られます。(これも開始時の利用規約に表示されるはずなので良く読みましょう)。

 と、まあ、意外と送信失敗のリスクも結構高いコンビニFAXです。が、せいぜい多くて月に2〜3枚送るのがせいぜいなので、使ったとして月最高150円、使わないときは全く使わないので現状、ベターな選択ですかね〜。

 とはいえ、コンビニFAXを利用するためにはいちいちプリントアウトしなければいけないので、そこが面倒で紙のムダ。ネットプリントがコンビニで受け取れる、USBメモリやSDカードに記録させた文書をコンビニ機でプリント出来る、のだからデータを直にFAXに回すこともできそうな気がするのですが、何か制約があるのでしょうか???

 インターネットFAXならわざわざ紙出力せずFAX遅れるので、にインターネットFAXで初期投資なし、使った分だけの通信料で済む、などという虫の良いサービスがあったりするとありがたいのですがね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185120256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック