折鶴無残: strawworld(2号館)

2019年01月04日

折鶴無残

トーヨー 折り紙 おりづる 富嶽三十六景
画像提供:Amazon.co.jp
画像はイメージです。本文の文章及び内容とは直接的に関係ありません。
 
 
 鶴をただ折るのは、それほど難しくはない。

 鶴を綺麗に折るのは、とんでもなく難しい。




 特に、自分のような不器用が服を着て歩いているような人間にはなおさらのことです。特に、三角を開いた正方形から、それを開いて長菱形を作るところが全くうまくいきません。どうしても隙間が開いて裏白が見えてしまい、非常に美しくない。折鶴を連にするときってのは閉じたまま繋いで行くので、裏白が出ているとみっともないんですよね(滝汗)。

 自分のような不器用人間は、素直に両面同色染色タイプの折紙を使った方がいいのかもしれませんが、何だか負けたような気分になってしまって、悲しいです。指先の器用な方が羨ましい今日この頃。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185317069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック