自サイト・ブログなどのコンテンツがピンタレストにピンされるのを防ぐ方法: strawworld(2号館)

2019年01月09日

自サイト・ブログなどのコンテンツがピンタレストにピンされるのを防ぐ方法

20190109.png


 自分はピンタレストに参加しています。元々は、かつて運営していた旧ブログがサービス提供を終了したため、引越し先を探している間に一時的に画像を保存&公開出来そうなサイトを探していて行き着いたものです。インスタグラムというサービスもあったようなのですが、自分はガラケー(ガラPHS?/笑)だっだし、どうやらスマホ専用サービスでフィルムで撮影した写真をMacからアップするには合い受け入れ合わなそうなサービスだったので、結果、Macから自分の写真をアップロードできそうなピンタレストの方へ。




 で、このピンタレストですが、最大の特徴がウェブサイトからの画像をクリップボード的に収集できる機能がある事です。初期のYouTubeもそうでしたが、無断で著作物を引っ張られることに対してグレーゾーンであり、著作権侵害と隣り合わせの側面も持っています。ピンしたことが相手側に伝わらないのも問題視されている面もあります。

 ピンタレスト側として、勝手に自サイト・ブログなどのコンテンツがピンタレストにピンされる事に不快感を感じる方々に対しての措置が公表されています。サイト運営者の方がなんでこのような手間をかけなければならないのかという苛立ちもあるのでしょうが、一応、方法が公表されているので勝手に自サイト・ブログなどのコンテンツがピンタレストにピンされる事に不快感を感じる方は措置をこうじることをお勧めします。

 自分でHTMLをいじれないレンタルブログなどを利用している方は、運営者にお願いするか、面倒ですが個々の画像に対し、拒否措置を行ってください。

 ※サイト全体をピンタレスト拒否する場合。
<head><head/>内に<meta name="pinterest" content="nopin" />を追加します。

 ※特定の画像をピンタレスト拒否する場合。
img src = で指定した画像貼り付けTAGの一番最後にnopin = "nopin"を追加。
例文:<img src="https://www.どこかの/画像/xxxxxx.jpg" alt="画像" width="320" height="240" border="0" nopin = "nopin" />

 いずれも公式ページのヘルプに記載されています。

 なお、著作権侵害による削除依頼はこちらになります。『Pinterst-著作権侵害の通知

 他には、公開を目的とせずにWEBブックマーク的に使用するのならシークレットボードを利用するというやり方もあります。これは、利用者側の使い方です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185360133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック