折鶴展開図: strawworld(2号館)

2019年01月20日

折鶴展開図

 
 なんとなく、思いつきの気まぐれで、折鶴を折って解いてスキャンして、Macに取り込んでAfterAffectsを使ってシェイプとパスで清書して、展開図を作ってみました。

 (折鶴は江戸時代には既に指南書が発行されていたくらいなので、さすがにその展開図の著作権は消失しているはず、、、ですよね?)




折鶴展開図


 山折も谷折りも全部同色になってしまっているのは御勘弁、ですがこうして改めてしげしげと見れば見るほど、美しいです。シンメトリーがこれ程美しいものとは。

 最初に折鶴を考案したのがどこのどなたか、もはやわかるすべはありませんが、紛れもない天才だろうということは確実だと個人勝手に思っています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185431049
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック