電子ペーパー(E-Ink)を採用したスマホ: strawworld(2号館)

2019年06月03日

電子ペーパー(E-Ink)を採用したスマホ

20190603_KY-01L.jpg
画像提供:Amazon Japan G.K.
本体の製品ページは、https://www.nttdocomo.co.jp/product/feature_phone/ky01l/


 昨年の晩秋、電子ペーパー(E-Ink)を採用したスマホが登場したので興味を持って見守っていました。



 結論を先に行ってしまうと、「後継機種に期待」ですかね、、、。

 待ち受け専用のサブケーにいいかもしれない、と思っていたのですが、色々実機レビューを巡ったりしていると、かなり尖っていて使う人間を選び、特に、ガラケーからの乗り換えには全くおすすめできない、という意見が圧倒的でして。

 電子ペーパーなので操作がもたついたり、webページの閲覧が厳しかったりするのは仕方がないと割り切って使えるのでいいのですが(そもそも待ち受け機にする気だったのでweb閲覧や動的コンテンツいらないし)どうやら、メールがSMSしか使えず、通常のメールが使えないらしくてこれはかなり(自分には)痛いです。

 通常のメールアプリが使えないと、待ち受け機としては少し、厳しいかもしれないなと。

 それから、電子ペーパー(E-Ink)を採用している割に電池の持ちがかなり悪い、というレビューが多く、待ち受け機に求められるのは充電週一、トイチ、のバッテリーの持ちっぷりですから、、、。

 このコンセプトは応援したいので、
・メールアプリを使えて、SMSだけではなく一般のメールアドレスが利用できる。
・バッテリー持ちが良くて充電週一、トイチでじゅうぶん。
 の2点が改良されたら自分的にはビンゴ商品になり得ますので、メーカー様、是非頑張ってくださいませ。

 現行の愛機、クレスティア402KCと同じ京セラの製品だから、その点でも応援したいんですよね、、、!!!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186082492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック