ノートン WiFi プライバシー、到着&・・・: strawworld(2号館)

2019年06月15日

ノートン WiFi プライバシー、到着&・・・

20190615_nortonVPN.jpg


 注文していたノートン WiFi プライバシー(仮想VPNソフトウェア)が到着したので、早速試しにMBPにインストールしてみました。



 まあ、肝心のiPadMiniはまだ入手していないのですが、来るべき日に備えてコツコツ外堀から埋めていきます(笑)

 で、ダウンロード版よりもパッケージ版の方が安価だったので「???」と思いながらパッケージ版の方を購入したのですが、棲家に届いたパッケージを開封して目がテン。

 中に入っていたのは、ダウンロード先、サポート先、チャット先のURLと電話サポートの案内と、ライセンスキーが印刷されたペラが1枚。ヲヒヲヒ、、、、!これだったらダウンロード版購入と変わらんでないの?せいぜい、ライセンスキーを印刷する手間が省けるくらい?てっきり、DVD-ROMが中に入っているかと思ったら、パッケージがやたらと軽かったので「???????」とは思いましたが、、、。

 ノートンのサイトでアカウントを作成し、指定のURLからpkgファイルをダウンロード。インストールはサクッと完了。まあ、例によって利用規約読むのが一番大変ですがね(汗)。

 起動したら最初はメール受信もブラウザでのweb表示も出来なくなったので、焦りましたが深呼吸してMBPを再起動したら問題なくネットに繋がったので一安心です。その後は全く不調なし。新しいソフトを入れたら再起動、はセオリーですかね。(その直前に主導タイムマシンで最新バックアップを抑えておくことは忘れずに。)基本MBPは有線結線でネットに繋いでいるのですが、挙動のチェックのために起動させっぱなしにしてあります。

 ところで、起動させるだけではダメで、起動させた後アカウントログインすることで初めてVPNが有効になるようなので、これはちょっと面倒臭いかもしれません。いちいちIDとパスを打ち込むとなると。という状態になるので、iPadで使ったらちょっと、電池の持ちが心配になるかもしれないなと。おそらく、常時ノートンのサイトにアクセスしている状態になると思われ。実際に運用してみないとわかりませんが、最初からいきなりインストールする予定なのでインストール前とインストール後で電池持ちがどう変わるのか、比較することは出来ないでしょう。iPadで運用する手順としては、WiFiにつなぐ時には、WiFiにつなぐ前に先にノートン WiFi プライバシーを起動、アカウントログイン、WiFiへの接続、という形を取ることになるのでしょうか。SIMで通信しているときは邪魔っけ(と、いうか無意味?)になるのでしょうかね。

 ところで、この仮想VPNの弊害としてわずかに通信が遅くなる(でも、そこまであからさまではありません。WiMAXで速度制限食らった時のように使うに耐えないほど劇遅になるわけではない。最も、そこまで遅くなったらいくら安全性を高めると言ったって、商品として成立しませんわな/笑)ことと、音楽ストリーミングや動画ストリーミングサイトが使えなくなるらしいことがあるようです。ストリーミングサービスを利用したいときは、完全に100%安全なWiFiに接続して、ノートン WiFi プライバシーを切断するしかなさそうですね。
Netflix、Hulu、Showtime などのストリーミングサービスは、特定の地域で利用できない、地域限定コンテンツを提供しています。これらのサービスは、地域制限を回避する VPN、プロキシ、アンブロッカーサービスを遮断します
ノートン WiFi プライバシーで VPN に接続時、メディアストリーミングサービスやアプリケーションが動作しない理由
https://support.norton.com/sp/ja/jp/secure-wifi/current/solutions/v121513457_EndUserProfile_ja_jp?inid=hho_supp_htm_securewifi-retail-topfaq-06-v121513457


 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186144728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック