ウォークマンの誕生日: strawworld(2号館)

2019年07月01日

ウォークマンの誕生日

20190701_walkman.png


 帰宅してMacを起こし、メールをチェックしたらこんなものが入っていました。


 もう、40年になるとか、信じられない月日の流れっぷりです。

 自分のwalkman歴はMDwalkman MZ-E3 & MZ-R4ST(←個人的に今でも最高の名機だと思っています。光の入出力に両対応しており、くだらないSCMS機構のお陰でデジタルデンスケに進化しそびれてしまったのが返す返すもね、、、)から始まって、両機がいい加減調子が悪くなってしまったので神機と評判の高いMDwalkman MZ-RH1(微妙なMac対応をしてくれていた一品です。ただ、どうせならWAV変換せずにatracのままMacに転送出来ていたら良かったんですけれどね。出来ると思うんですけれど。ひょっとして窓機だったら出来ていたんでしょうか?通常品を家電量販店で購入後、WEBのSONYストア限定でBLACKモデルが出たと知り、地団駄踏んで悔しがりました)。MZ-RH1が最後のMDwalkmanだったので、その後、フラッシュメモリータイプのNW-A857。Mac非対応機にも関わらず、発売日当日に家電量販店で購入すると言う暴挙に出ました。と、言うのも、WEBをあちこち見ていると、「MacでデジタルWalkamanを利用している」と言う無茶をやっている御仁を結構見かけまして。要は、デジタルWalkamanは機種によってUSBマスストレージに対応しており、iPodをiTunesで管理するそれにははるかに使い勝手は及ばないが、USBで接続してダイレクトにドラドロで曲の出し入れができるので単純に音楽プレイヤーとして流し聴きする用途には十分使えるだろう、のような感じで。取り外しにちょっとしたコツ≠ェ必要みたいですが、多分MZ-RH1と似たような使い方が出来そうだとアタリをつけまして。

 結果は大正解で、結構、楽しんで使っていました。解像度は低くなりますが、ムービーも入れられますし、64GBだとMP3やAACなら結構入りますから。しばらくNW-A857を楽しんだ後(後継機のデザインが好みでなかったのと、そうパカスカ壊れるのもでも買い換えるものでもなかったし。)正式にMac対応&SDカードで外部メディアを追加できる&ウォークマンなのにアプロス対応(!!)デザインもNW-A857に回帰したNW-A17が登場したのでこちらを購入。とはいえ、NW-A857もまだまだ元気なので併用しています。

 ウォークマン40周年、歴代機種が集結した企画展「#009 Walkman in the Park」が開催されるとのこと。時間が取れれば行って見たいです。NW-A857とNW-A17をお供に連れて。流石に、初代walkmanを連れてドヤ顔、は無理ですけれど(そもそももともと持っていません/笑)


タグ:walkman
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186223212
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック